honbu

記事一覧(1)

平成30年度 竹早高等学校 父母と教師の会

会長挨拶皆様にご挨拶申し上げます。この度、平成30年度の会長を引き受けさせていただくことになりました。来年の5月から、新元号が始まります。私達は、これから、平成最後の5月、6月、7月・・・を過ごし、任期満了とほぼ同時に、新しい和暦が始まります。これとよく似たようなことが、社会人1年目の昭和63年にありました。かつて自分が高校生の時、「Generationとは30年」と習いましたが、あの教えは正しかったと実感しています。平成という30年間を振り返ると、毎年毎年、時間の流れが加速していきました。「少年老い易く学成り難し」という、私の好きなフレーズがあります。高校生の頃、自分の生涯における1年間というものは、1/16~1/18でしたが、今や分母が激増しました。私の大好きなミュージシャンが、この点を看破し、「生涯の1年1年はどんどん速く過ぎる」ということを、哲学的に語ってくれたことがあります。時間だけは、私達に平等に与えられています。竹早高校という素晴らしい環境で学ぶ私達の子弟は、この学び舎での時間は限られ、しかも、加速している時の流れを止めることはできません。竹早高校の生徒が、限られた時間の中で充実した学校生活を過ごせるよう、私達 父母と教師の会は緊密に連携して行動したいと切に願っています。諸先輩方に引き続き、子供たちのより良い学校生活を願い、参加しやすく、効率的で風通しのよい「父母と教師の会」の活動を実践したいと考えております。各委員・役員の皆様、教職員の皆様、そして保護者の皆様のご協力を賜り、皆様とスクラムを組んで活動したいと願っています。今後とも、よろしくお願い申し上げます。中村 誠